記事一覧

NINJA1000 2017モデルへ乗り換え

NINJA1000(2014)からNINJA1000(2017)へ乗り換えました。
色々ありましたが、無事慣らし運転も完了。
変換 ~ IMGP3714
LEDヘッドライト、IMU搭載等電装系のアップデートがメインです。
前モデルのパニアケース、ヘルメットロック等のオプションパーツはほぼ流用可能。
使っていたオーリンズリアサス、社外リアフェンダー、ケースカバーはそのまま装着できました。

変換 ~ IMGP3720 
ポジション、ロービーム、ハイビーム全てLED。
小糸製のファンレスLEDヘッドライト。
ロービームの明るさはハロゲン以上、35WHID未満といった感じ。
55WHIDからの移行ですと暗く感じると思います。
ハイロー共に2灯になったので、照射範囲は左右に広くなって良い具合です。
ハイビームは格段に明るくなっています。HIDと比べて遜色ないレベル。
変換 ~ IMGP3716
リアブレーキのタッチが変わったのと、ABSの制御がキメ細かくなった印象。
ABS作働時のレバーやペダルに伝わるキックバックが細かくなっていました。
ABS制御も繊細になっているようです。
GOPR9262.jpg
メーター周りは賑やかになりました。
表示項目が多くてゴチャついた感もありますが・・・
燃料、水温のバーグラフ、速度、トリップ/オド、燃費/外気温/航続距離、パワーモード
トラクションコントロール、時計、各種ワーニング、ギアポジションと多め。
ギアポジションセンサーはシフトドラムに直付けなのでシフトと同時に反応します。
液晶は反転液晶、個人的には通常の液晶表示の方が良かった気が。
変換 ~ IMGP3721
ユーロ4規制対応になったため、エミッションコントロールシステムが追加されています。
チャコールキャニスターのせいか、タンクの鍵穴からの吹き返しが多くなってる気がします・・・
スロットルのレスポンスもちょっと変わった気が(気のせい?
気づいた変更点は
・シート形状の変更(ちょっと乗り心地良くなってる)
・リアフェンダーの形状変更(サスが汚れにくくなった)
・カウルの脱着方法の変更(ツメを折る心配が少ない!)
・ウインカーの変更(出っぱりがない、リアは水が入らない構造になった)
・アクセサリー電源の容量が増えた(MAX15A)
・リアのリンク比の変更(初期動作がソフトになった?)
等々、以前からユーザーに不満として挙げられていた点が多数改善されていました。
よりツアラーらしさを押し出した変更が多いです。
先代NINJA1000の装着していた部品を移植して、思い出を引き継ぎつつ
ツーリングにいそしんでまいりたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

お久しぶりです。
聞くところによると乗り味も着実に熟成されているようですね。
私の13年モデルからは大分変ってしまって、流用できそうなところがあまりないのが残念です。
ぜひお大事にされてください!

Re: No title

ありがとうございます。
えす さんもサーキットにツーリングに頑張っておられますねー
乗り味は前モデルと比べると結構おとなしめになって、ツアラー寄りな味付けになっていますね。
ちょっと色々いじりたい衝動にかられてます(笑
サスのリンクは流用できるかと(必要ないか
前車同様ツーリングにいそしみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みっど

Author:みっど
気が付けばKAWASAKIばかり乗り継いでるバイク乗り。
愛車はメタリックグラファイトグレイのNinja1000。
関東近県ツーリング、キャンプツー&盆休み北海道ツーリングがライフワーク。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター